雪の結晶(応用1)

基本の雪の結晶に、色々な効果を付けてさらにそれらしくしていきましょう。

雪の結晶(応用1)

Photoshop Elementsで描く雪の結晶(応用1)

作り方詳細

1.基本の雪の画像を描いて、レイヤーを一つにしておく。

1

便宜上ここではレイヤーに「基本」と名付けました。

2.「基本」レイヤーを複製し(「ぼかし」にレイヤー名変更)、フィルタメニューから「ぼかし(放射状)」を実行。

2

参考:量-32 ズーム 標準

3.「ぼかし」レイヤーを複製し(「ディザ」にレイヤー名変更 )、レイヤーを「ディザ合成」に変更する。

3

各レイヤーの不透明度を調整することで見せ方の微調整も可能です。特に「ディザ」レイヤーはドットの数を調整できます。また、手順2で実施するぼかしの種類や量でもニュアンスを変えられますのでお好みで色々試してみてください。

また各レイヤーの表示・非表示を切り替えて、どんな見せ方が自分の好みに一番近いかを確認できるのも、レイヤー構造をもつPhotoshop Elementsの利点です。使い倒してくださいね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中